動きを知る

四季工房の今後の動向について

living room

東京、埼玉、福島、宮城、栃木で注文住宅を検討しているのであれば株式会社四季工房があります。 四季工房では環境に優しい家作りを目指しています。エアパス工法を軸にしており、太陽光発電を採用することによってLCCO2を削減できる住宅となっています。 エアパス工法とは自然の風や熱を利用しており、夏は床下換気口から冷たい風を取り込み、熱気とともに湿気を吐きだします。冬には太陽の熱によって屋根や壁内の通気層の空気を温めます。 このように空調を使わずとも自然の力を借り、温度を調節することができるのです。今後の動向についてですが、環境などを意識する人が増えることによって、四季工房の家を検討する人が増えていくと考えられます。

利用する際の注意点とは

四季工房では環境に優しく、自然の力を利用した温度管理をおこなっている注文住宅を提供しています。四季工房で家を建てる際に注意しなければいけないことがあります。無垢の木や自然素材で作られている家なのでメンテナンスが必要になると言うことです。 メンテナンスは一生涯必要となるものでありとても重要です。そのためメンテナンスが面倒と言う方には不向きの家ともいえます。 しかし木のぬくもりや環境に優しく、そして光熱費等も節約できるため多くの人に選ばれているのです。 四季工房は新築で引渡した後1ヵ月後に最初の点検が入ります。その後3ヶ月後、1年後、2年後の点検が入り、それ以降毎年点検が入ります。10年経つと建物は落ち着きを見せてきますので3年に1度の点検になります。